« 誤解しないように(解説) | トップページ | 自分がどう変わればよいのか »

2007年1月 6日 (土)

他人は変えることが出来ない、自分は変わることが出来る、自分が変われば他人が変わる

 「他人は変えることが出来ない、自分は変わることが出来る、・・・・・・・」という言葉は、人生においてもっとも基本となる考え方である。

 日本の借金が何百兆円あろうが、北朝鮮で核爆弾を作ろうが、若者の非行や自殺が増えようが、それを憂(うれ)いていてもしかたがない。現実をそのまま素直に受け入れ、それに対して自分が“個人として”どう対応するかということの方が大事なのである。

 たとえば、日本の借金のことなんかどうでも良いなんて言うと、非国民なんて思われそうだけど、私達が捨てることを躊躇(ちゅうちょ)しているからいつまでたっても日本が変わらないと思うんだ。日本を動かしている人だって“他人”だよ。私達の思うとおりになんかならないネ。他人は変えることが出来ない、だから自分の方が変わるしかないんだ。

 今日本からお金がどんどん海外に流れていっているらしいけど、日本に見切りをつけた人達が自分の判断で勇気を持って行動しているんだ。

 日本にしがみついて国債なんかを買わされている人達は、それが暴落してとんでもないことになるかも知れないネ。きっとそうなるヨ。日本は日本自体が生き残るために、今個人に責任を押しつけているのサ。

 だから変えられない他人のことを憂いていないで、自分の方が変わらなきゃいけないんだ。そんな自己責任の強い人達が多くなってくると、日本だって真剣になり、はじめて個人を大事にしてくるネ。だってそうしないと税金とれなくなる日が来るんだもの。

 全てが自分の責任で、自分の方を変えてゆかなければ何にもはじまらないんだ。

 人生って回りのいろいろな状況に対し、自分をどのようにでも変えながら生きてゆく、正に無限の可能性を秘めたおもしろい舞台だと思う。それは少々苦難だってあるけれど、全て成長の“こやし”なんだ。必ず受けた苦難に見合う成功を手に入れられるようになっているんだ。

 自分が変わろう!!

« 誤解しないように(解説) | トップページ | 自分がどう変わればよいのか »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 誤解しないように(解説) | トップページ | 自分がどう変わればよいのか »