« 楽しい方に行きなさい!! | トップページ | 父子愛和 »

2007年2月 7日 (水)

家庭愛和

 経済活動(会社へ行って働いたり事業を起こしたりすること)において成功を収めるために最も大切なことは、家庭内が愛和している事です。特に夫婦が仲良く協力すること、親を敬い大切にすることを怠っている人は、仕事において期待する成果を得ることができないといっても過言ではありません。

 子供の非行や登校拒否、その他子供のあらゆる心理的欠陥は子ども自身や子供に対する教育に原因しているのではなく、夫婦の不和にあることが、実証科学的に証明されてきています。子供のオネショさえ、親の方の生活態度を改めることによって解決したという報告もあります。

 このように家庭愛和が全ての基盤、基礎になっていることに多くの人は気づいていないのではないでしょうか。

 私も現在の事業を起こしてまもなくのときは、(事業を)何とかして軌道に乗せなければという思いが強く、夫婦関係を大切にしようなんてことは二の次にしていました。「事業(経済活動)さえうまくゆけば全てがうまくゆく」という勘違いをしていたのです。

 そして事業が順調になるに従い、自分はこんなに頑張っているんだという自分中心の考えがさらに強くなって、ますます家庭をかえりみなくなって行くのです。

 このようなシナリオは私だけでなく、実はほとんどの経営者が経験しているということが、多くの人の体験談を通してわかってきました。経営者ばかりでなくハードな仕事をして常に崖っぷちに立たされている人共通の体験だともいえます。

 さてそうして家庭をかえりみないで仕事一筋に頑張った結果はどうなるのでしょう。

 仕事ばかりしているからそれが順調になってくると思いきや、逆にしだいに暗雲が漂ってくるのです。私の場合も、職人さんがわがままばかり言うようになったり、そのほかの社員も落着かなくなったり、不安定な経営状態になりました。人によっては、詐欺にあったり大事故を起こしてしまうケースもあるそうです。

 やがて家族の気持ちに気がつく時がおとずれ、いかに家族を犠牲にしていたかを反省するにしたがって事業も立ち直ってくるという、まるで映画を見ているような筋書きでハッピーエンドになるんですが、気づかない人は家庭不和と事業不振から抜け出せないで一生を送ることになります。

 一つのことに集中しなければ仕事においては有効な成果を得ることはできませんが、それによって心のバランスまでかたよることのないように注意したいものです。

 親や先祖のことを考えない人も同様に要注意です。たとえ現存していなくても、自分に及ぼす影響はとても大きいのです。自分の親や先祖がどういう人であったのかを知ることは、自分がどういう人間であるかを知る重要な手段です。自分自身を知ってこそ、将来への対策を打てるのですから。

 夫婦、両親、先祖を研究し、もっともっと大切にしましょう。全て自分に返ってくるからです。

 

 

« 楽しい方に行きなさい!! | トップページ | 父子愛和 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭愛和:

« 楽しい方に行きなさい!! | トップページ | 父子愛和 »