« 精密企業 | トップページ | キャッチボールの結末は »

2017年9月12日 (火)

会社が調子よくても調子に乗らない

 木村君がよく言ったものだ。社長は会社が調子よくても、調子に乗らず、おごらないと・・・。もっとカッコつけてもいいんじゃないかという感じだった。

 しかし、毎日精密企業のような作業を自分や社員がやっていれば気が抜けないのは当たり前。逆にピリピリ、カリカリ、時には大声を出したりしてしまうこともある。

 少々評判が良かったぐらいで調子に乗っていたのでは、すぐ地獄に落ちるのは目に見えているのだ。

 その後、彼も中小企業は社長が(カッコいいものではなく)一番大変な職種だということが分かったらしい。だから、他の人ではなく、私が(社長を)やっているのである。

 自分なりにはカッコつけて・・・・。

« 精密企業 | トップページ | キャッチボールの結末は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 精密企業 | トップページ | キャッチボールの結末は »