« 日本人は“風”次第でどうにでも変わる | トップページ | ごく一部しかいない批判的な人達をТBSはなぜ至近距離でとっているのか »

2017年10月10日 (火)

小池百合子はコウモリ女

 イソップ物語で鳥と獣が戦う物語。

 コウモリは、鳥が有利と見ると「私は羽根があるから鳥です」と言い、獣が有利と見れば「私はシッポがあるから獣です」と言って、勝った方に付こうと情勢を見守っていた。

 結局、鳥と獣が仲直りしたら、どっちつかずのコウモリは皆から仲間外れにされた、という話だ。

 小池百合子氏は、自民党有利と見るや「私は保守系です」と言って自民にたなびき、野党が有利と見るや「私も野党です」と言って野党の仲間入りしようとしている。

 それが、小池氏の主張する“保守系野党”。いよいよ、国政選挙の責任とれなくなったら「私は東京都知事ですから」とでも言いだすのか。

 このコウモリ女が!!最後は皆(国民、都民)にソッポ向かれる。

« 日本人は“風”次第でどうにでも変わる | トップページ | ごく一部しかいない批判的な人達をТBSはなぜ至近距離でとっているのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人は“風”次第でどうにでも変わる | トップページ | ごく一部しかいない批判的な人達をТBSはなぜ至近距離でとっているのか »