« 共産党の陰謀を打ち砕いた希望の党 | トップページ | ハード起点の商品作りは絶望化へ向かう »

2017年10月12日 (木)

共産党と他の野党との違い

 同じ自衛隊反対といっても、他の野党は日本を他国の脅威から守るには非武装の方がいいという日本ファースト。

 “日本のため”という根本は自民党と何ら変わらない。

 それに対し、共産党のいう自衛隊反対は、日本の戦力を弱体化し中国共産党の支配下に置こうという目的。日本をひっくり返そうという中国ファースト。

 だから従来、自民党も他の野党も、共産党だけは“別物”と敬遠していた。

 しかし、他の野党が弱体化しているところにつけ込み、“自衛隊反対”という表向き似ているところに目を付けて「一緒にやったらいいんじゃない?」とすり寄って来た。

 他の野党を欺(あざむ)いて日本をひっくり返そうという戦略だ。そして、なんと野党共闘を企て先頭に立とうとした。

 安倍首相の街頭演説にあたかも一般人になりすまし「安倍退陣」のプラカードを持って「反対」と大声を上げたのも共産党員だ。

 一般人のように見せかけてデモを主導したのも共産党だ。

 面白好き、騒動好きのマスコミ(テレビ)を巻き込んで、安倍反対、日本を変えろと訳の分からないことを、あたかも正義のように拡散したのだ。

 そこに現れたのが「希望の党」。希望の党は“自衛隊”という踏み絵を使い、日本を思う野党とは何かを分かりやすく示し野党を分断した。

 今回、票は伸びないかも知れないが、日本を中国化、共産主義化から救った功績は大きい。

« 共産党の陰謀を打ち砕いた希望の党 | トップページ | ハード起点の商品作りは絶望化へ向かう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 共産党の陰謀を打ち砕いた希望の党 | トップページ | ハード起点の商品作りは絶望化へ向かう »