« もっと簡単な道があるのに | トップページ | やったことを失敗という »

2017年12月14日 (木)

実際に間違うから「間違い」という

 自分で実際に間違うから、それを「間違い」という。

 他人の間違いを見ていただけでは「間違い」にはならない。また、考えていただけでは絶対間違わない。

 しかし、間違いのない人生なんんて人生ではない。そうではないのか。だから、やってみるしかないのだ。

 それを他人は「よせばいいのに」と言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 他人の言った方が正しかったことが多いけど・・・。

« もっと簡単な道があるのに | トップページ | やったことを失敗という »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もっと簡単な道があるのに | トップページ | やったことを失敗という »