« 80歳の時悔まない人生 | トップページ | 今日という旅行の目的地 »

2018年10月14日 (日)

意味ある人生

 日本三大霊場の一つの「恐山」(青森)にみさ子(妻)と行って来た(自家用車で300km以上移動)。期待していたが、別に感動するようなところでもなく、名前負けする霊場だった(昼食込みで2時間滞在)。硫黄の臭いがして温泉が湧き出しているところもあったが、霊場内には荒(すさ)んだ温泉小屋があり、たまたま外人が一人入浴していた。

 その後、本州最北端の「大間岬」、マグロ船が入港する「大間港」を訪問し、その日は「下風呂温泉」泊まり。おいしい料理をごちそうになった。

 翌日の「仏が浦」の遊覧船観光は、観音様や蓮華の形をした岩壁が壮観だった。そして、南下して「浅虫水族館」をみて、「浅虫温泉」に泊まった。

 最終日(三日目)は「八甲田山ロープウエー」、「酸ヶ湯温泉入浴」、「奥入瀬渓流観光」、「十和田湖遊覧船観光」など、青森県の主な観光名所を巡って帰省。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 走行距離で900kmも青森県を‟ウロウロ”していて思ったことがある。

 もし、今回の行脚に「恐山」参拝などの‟目的”が無かったら、本当に単なる‟ウロウロ”になっていたのではないか。‟目的”があって、それを一つ一つ達成してゆくことによって満足感が得られ、‟意味ある旅行”になっていたのだ。

 「人生」も「旅行」と同じだ。

 目的、目標を持たず、ダラダラ、ウロウロ、何気も無く日々を過ごしていたら、なんと味気ない人生になってしまうだろう。

 65歳から80までの人生を‟余生”=余った人生などと気軽に考えたのでは、本当に意味のない人生になってしまう。

 しっかり、目的、目標を持たなければならないと思う。やることは多い。これからもドンドン(やりたいことが)湧いてくると思う。

 そして、ワクワクする人生をおくりたい。そんな決意を持って(旅行から)帰って来た。

« 80歳の時悔まない人生 | トップページ | 今日という旅行の目的地 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 80歳の時悔まない人生 | トップページ | 今日という旅行の目的地 »