« 大島大橋渡ってくる | トップページ | 成功している人 »

2019年4月16日 (火)

一つの目的地に行くために倍の道のりを要する

 大島大橋は迷路のような道を行かなければならない場所にあった。しかし、あれほど有名になった橋にもかかわらず、国道45号線から枝道に入るのだが案内板が全くない。また、その枝道からまた一つ枝道に入るのだがそこにも標識がない。

 というわけで、2倍時間かかったので到着したときの安心感、感動も大きかったのだが、そこで思った。もしかしたら、人生ってある目的地に行くのに倍の道のりを要するようになっているのではないのかと。

 だから、普通の人は「これだけ頑張っているのにどうして目的が達成できないのか」と言ってあきらめてしまうのだ。2倍やらなければ到達しないのに1.5倍であきらめているのかも知れない。1・9倍であきらめているのかも知れない。

 最初から10行くのに20進まなければならないと教えてくれる人は誰もいない。2倍努力すればいいと励ましてくれる人はいない。成功する人は、2倍、3倍努力する人。たったそれだけのことなのに・・・・・。定時に出勤して定時に帰る。そして普通以上の生活したいと物を買う。お金が貯まる訳がない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私のことを言うのもはばかるけど、銀行員当時、夜9時~10時帰りは普通だった。時間外手当なんか当然もらえないけど、仕事が面白くて仕方がなかった。研究したり整理することも多かったが、それが楽しかった。それをほとんど毎日10年以上続けた。

 結局、銀行員としてやることをすべてやり尽くしたので、辞めて別のことをするしか道は無かった。私は新しい道に踏み出し、いつものように3倍努力した。それが現在につながっている。大成功していると思う。

« 大島大橋渡ってくる | トップページ | 成功している人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大島大橋渡ってくる | トップページ | 成功している人 »