« ドロボウ団体 | トップページ | 力を抜く »

2019年4月 4日 (木)

一日5ページ

 大学当時、経営学部だったが、将来法律知識が必要だと考えた私は何とか500ページほどの民法の解説書を読もうとしたが難解で中々進まない。

 そこで、いくら頭の悪い私でも一日5ぺージくらいなら何とかなるだろうという計画を立て、数カ月かけて読破した。その結果、民法にめっぽう強くなり、そのおかげで他の法律も簡単に読めるようになったので、信用金庫に勤務していたときは債権回収に関する裁判所手続きをまかせられ、会社設立してからは、特許申請や弁護士との戦い(裁判)で必勝している。

 今はその毎日少しずつやる手法を使って「万人幸福の教え」や「経営者の条件」などというマニュアルを書き留め、いよいよ出版までたどり着こうとしている。

 このマニュアルは何としても子孫に残しておかなけれなばらないものだ。日々の生活の中で大体は口述して伝えてはいるが、体系的に伝えてこそ血肉となって理解され実践される。

 2冊の本とも、もう少しで完成で、多くの知り合いに無料で配布予定である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ところで、信用金庫で私はずっと営業担当だった。お客様との対応が好きで愛想がよく、営業成績抜群の私をどうして人事課で債権回収係に回したのか、やはり神様は見てないようにしてその人を観察しているものだと思う。

 債権回収係になって、私の法律知識や裁判手続がますます磨かれていったのである。

« ドロボウ団体 | トップページ | 力を抜く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドロボウ団体 | トップページ | 力を抜く »