« ゴールデンボンバー | トップページ | 結婚相手の男を募集 »

2019年4月 7日 (日)

他人をヒットさせる

 自分の生涯のヒット商品は1つか2つ。歌手だって代表的なヒット曲は1つか2つ。しかし、その1つか2つで消え去ってしまう人と、いつまでも活躍している人との違いは、ヒットした実力を生かして他人のために尽くしているかということではないか。

 石川ひとみのヒット曲「まちぶせ」が荒井由実の作詞作曲だったとは知らなかった。竹内マリアも自分が歌うためならこんな曲書けなかったと言ってヒット曲「駅」を中森明菜に提供したが、それが竹内マリア自身の代表曲の1つになっている。

 ゴールデンボンバーも自分たちのことより番組制作者の希望に沿って芸人やっているからいつまでも使われているのかも知れない。

 私もお墓屋としての自分のヒット商品は今まで作って来たものだけで終わりかも知れないが、誰か他人のためにアイデアを出せば、無限にひらめいてくる。今、伸伍君に勉強させている事も、私自身では絶対できないだろうと思っている。きっと彼のヒット商品になるだろう。それは、可能性を提供した私にも恩恵を与えることになる。

 猊鼻渓のために作った「運太郎お守り」はあまり売れていないが、猊鼻渓の担当者に喜ばれ、私も気になって仕方がないほど愛着を持っている。猊鼻渓の名称の由来を明らかにするキッカケになったものだから、「売れなくてもヒット商品」である。尚、乗船して5分程度の毘沙門天に設置された「チーン」となるオリジナル「さい銭箱」は観光客の人気になっている。

 世の中のために活動してゆけば、可能性は無限に広がってゆくのである。

« ゴールデンボンバー | トップページ | 結婚相手の男を募集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンボンバー | トップページ | 結婚相手の男を募集 »