« 最低でも10年 | トップページ | 「看板」が立つという意味は大きい »

2020年2月12日 (水)

「気仙沼店」看板立つ

 移転し、新装オープン予定の「気仙沼店」に今日"看板”が立った。

 気仙沼市の皆様に、新生が移転するという広告をまだ出していなかったので、どういう方法にするか迷っていた。移転のみを知らせる新聞折込では、経費がかかり過ぎると考えたからだ。

 既存のお客様には、「年賀状」で移転する旨は伝えていたが、新しいお客様に、新生気仙沼店が無くなったと勘違いされないか心配だった。

 横3.6メートルの大きな看板は、新生がこれから新しい地で「旗揚げ」するという"意思表示”には十分だ。やっと、少し肩の荷が下りた。3月の展示会に向けて一歩前進である。

« 最低でも10年 | トップページ | 「看板」が立つという意味は大きい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最低でも10年 | トップページ | 「看板」が立つという意味は大きい »