« 夢は追いかけるもの | トップページ | 人間関係 »

2020年2月17日 (月)

人づくり

 「お金」をつくった(貯えた)としても不十分、仕事をつくらねば。

 「仕事」をつくったとしても不十分。「人」をつくらなければならない。

 「人」がしっかりしていないと、お金も仕事も一瞬で崩れる。「人」が出来ていない会社は、どんなにお金があり、仕事が出来たとしても、続かないものだ。

 まず、社長である私。そして、営業の担当者。さらに工事担当者。外注(製造、工事、消耗品納入者、機械屋、車屋さん、広告屋さん等)も大事。当社は、皆と心が通じるよう心掛けている。

 そういう意味で、本社、特に総務機能が大事である。総務が強い会社はつぶれないと言われるゆえんだ。もっとも、どうしても、ついてこれない人間は、自ら去ってもらうしかない。私が切らなければならないこともある。優しさも大事、厳しさも大事。それがプロの世界である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 社内では、お互いに「けん制」し合うことも多い。あの人はダメだ、この人はダメだ、と私にそう言ってくることがあるが、その通りのところもある。

 しかし、小さな虫にも「5分の魂」で、お互いに言い分があるみたい。ダメはダメなりに一生懸命やっているようだ。

 家庭でいえば、優秀な弟(妹)が、ダメな兄貴をバカにするようなことでは、どちらも不幸になるのではないか。助け合えばいいこと、ダメな兄貴を弟(妹)が助ければいいことではないか。会社も家庭も同じ。

 そのことがどうしても理解できないのなら、私は優秀な弟(妹)を切る。人間としてどうあるべきかが問われるのである。中国の故事「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」。

 もっとも、当社は、私のこの気性を皆が理解しているので、最終的に平静である。私が社長でなければならない理由、何もしない私がここにいる理由である。

« 夢は追いかけるもの | トップページ | 人間関係 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢は追いかけるもの | トップページ | 人間関係 »