« 真理を求める | トップページ | よく今まで生きてきた »

2020年2月 3日 (月)

やってやってやり抜く

 今朝、NHKのテレビで、のり漁師の徳永義明氏が「ラ、カンパネラ」をピアノ演奏するのを聞いた。

 彼は、パチンコで2ケ月に70万円損して、ピアノ教師の妻から注意されたのをきっかけに、ピアノで妻を見返してやろうと、全くピアノに触ったこともなく、音符も読めないのに、ネットの動画サイトで鍵盤の位置を確認しながら練習して、とうとう「ラ、カンパネラ」を弾けるようになったという。しかも、50歳を過ぎているおっちゃん。

 真っ黒い顔した漁師のおっちゃんが、プロ並みに演奏する様子は、いろんなテレビで取り上げられ、今や有名人に。一方、ピアノ教師の妻は、その曲は難しすぎて弾けないという。

 何でも、一生懸命やれば出来るんだな。人間って、すごいこと出来るんだな。

 そればかりでない。50過ぎのおっちゃん達に、俺も何かやれるかも、という夢を与えた。私もこれから何か始めなければ、と夢を持った。やれば何でも出来る。やりたいことをやればいい。

 どうせやるなら、すごいことに挑戦したい。

« 真理を求める | トップページ | よく今まで生きてきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真理を求める | トップページ | よく今まで生きてきた »