« 「看板」が立つという意味は大きい | トップページ | 2月19日事務所の建前 »

2020年2月13日 (木)

「売り出し」の旗を立てる

 気仙沼店に、「大売出し」の旗を立てる。

 看板がたとえ大きいとしても、広い土地でどのくらい目立つか疑問は残る。そこで、看板の隣や展示場周辺に「大売出し」の旗を立てる。近いうちに「大売出し」が始まりますという宣伝が必要だ。

 本来は、2月の初旬から始まる「大売出し」が、1カ月も伸びるというのは致命傷である。しかし、展示場が整備なっていない、事務所も来週以降しか建たない。せめて、看板を立て、「大売出し」の旗を立て、臨戦態勢に入る。

 戦国時代に秀吉が取った戦法でゆくしかない。

« 「看板」が立つという意味は大きい | トップページ | 2月19日事務所の建前 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「看板」が立つという意味は大きい | トップページ | 2月19日事務所の建前 »