« 総務部門の立て直し | トップページ | しょうがない »

2020年10月 9日 (金)

善意無過失(法律用語)

 「善意」というのは、悪いということを"知らなかった”(知らない=善意と言う)ということ。

 「無過失」というのは、悪いというのを知らないことに過失がない、ということ。少し考えれば分かるようなことは「過失あり」とされる。

 「善意無過失」(善意=知らなかったことであり、しかも善意であることに過失が無いこと)でなければ許されない。

« 総務部門の立て直し | トップページ | しょうがない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 総務部門の立て直し | トップページ | しょうがない »