« 葬儀終了 | トップページ | 創る »

2020年10月25日 (日)

感謝

 昨日来店したお客様に、葬儀について事前に詳しく教えてもらっていたので、急に父親が亡くなってもあわてなくて済みましたと感謝された。一関霊園の会員様。

 相談に来るお客様には、相談されたことばかりではなく、「全体像」を全て紙に書いて説明している。葬儀屋の選び方、推薦する葬儀屋の紹介、お寺へのお布施について、金額、お布施の出し方、出すタイミング、葬儀の流れ・・・・。

 また、今日一周忌の法要申し込みのお客様にも、参加者が家族3人だけだと言うので、一周忌過ぎてからの供養でも構わないからと、来年の合同法要での供養を案内(合同法要は参加料7000円)。

 実際の一周忌には、家族だけでしっかりお墓参りしてほしいと話す。私は、一関霊園を創設した「開基」であるから、皆、私の進言を信頼している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 一昨日終わった葬儀では、「会計帳簿」も担当したが、記帳は葬儀中、娘(恵美)がパソコンで香典の受付と同時進行で入力してゆき、葬儀終了時には全て記帳が終了しているというスピードの速さ。

 それを、親せき、親類、会社関係、一般参列者・・・と、種類別に並び替え、金額を集計し、表紙を付け、印刷して喪主に渡すので、分かりやすいと感謝される。

 ソフトはエクセルで私が作成したものだが、今朝、そのパソコンの情報とソフトが欲しいと喪主がUSBカードを持ってきたので、コピーして渡す。喪主は、以前から私がつくったソフトが欲しかったらしい。

 特許以外、私の知っていることは、仲間に全て教えておくことにしている。そうすると、私の手が足りない時、そのソフトを使って助けてくれるのだ。「親切は他人のためにあらず」必ず自分に返ってくる。

 本家と言えども、一人では何も出来ない。

« 葬儀終了 | トップページ | 創る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 葬儀終了 | トップページ | 創る »