2007年2月 9日 (金)

父子愛和

 原因不明の病(やまい)のため、医者からあと2年の命だと言い渡された女性がいました。 自分の死期が近づいていることを覚悟した彼女はいつしか瞑想(めいそう)の研修所を訪ねるのです。 自分自身と対話することによって心の支えを見つけたいと考えたのでしょうか。何かにすがりつきたいという思いでいっぱいだったに違いありません。

 さて研修所では一通りのことを彼女に質問するのですが、父親の話に及ぶと、どうしても口を閉じてしまいます。実はその後に判明するのですが、彼女の父親は母親(父の妻)を包丁で刺し殺すという事件を起こしていたのです。 彼女の原因不明の病気もその事件が起きてから発病していることがわかりましたが、母親を刺した父親によって家庭は崩壊され、また自分の就職などの未来もめちゃくちゃにされたという恨みの意識がつのり、ついには自分の体をむしばんでいたものでした。

 さて彼女の訪れた研修所では、自分と対話する手段として“内観”を行います。

 “内観”とは、道場で1人になって自分と向かい合い、①両親にしてもらったこと、②それに対して自分がお返ししたこと、③両親に迷惑をかけたこと、について瞑想するよう指導を受けるのですが、最初の何日かは中々落ち着けない日々を過ごしていた彼女は、「事件を起こすずっと前のお父さんはどうだったですか」とうながされ、小学校のころ、中学校のころ、高校のころ、父親がどうだったか思い出してゆくのでした。

 すると自分が小さいころ、父親にかわいがってもらっていたことが思い出されてきました。やさしい父親だった・・・・・。そして高校を卒業してさらに専門学校に娘をやるために、父親はひたすら働き続けていたことに気づくのです。家族のために父親が働いたお金はものすごい金額に及んでいることもわかりました。 それなのに父親は何一つ恩着せがましいことを言わず働き続けていたのです。

 「そんな父親に自分は何をしてお返ししたのか・・・・・。」

 一方母親はそのように仕事ばかりしている父親とうまく暮らすことができませんでした。そして娘の自分も、なぜか母親に味方するかのように父親を遠ざけていたことに気づいたのです。

 なぜあの時何も言わず働いている父親のことを理解できなかったのか。なんと自分は恩知らずだったのか。自分がもっとしっかりしていれば、父親を孤立化させることはなかったはずだ・・・・・・。父親に申し訳ないという思いで、彼女の目から涙が止まらなくなりました。

 そしてその夜、彼女は血に染まった包丁を持って立っている父親の夢をみました。しかし彼女はもう父親を恨んだりしていません。父親からやさしく包丁をとりあげると、父親をお風呂にいれ血を洗い流してやりました。そして布団に寝かせてあげるのです。

 さて、その朝目覚めたとき、なんと彼女の症状が薄らいでいるではありませんか。そして1週間の内観が終わるころにはもうほとんど不治の病が回復していたのです!!(神渡良平著「人は何によって輝くのか」PHP研究所より)

 自分の“元”である両親、先祖を大切にしないでどうして未来ある人生など送れましょう。自分が生まれるとき両親はどれほど楽しみに待ちこがれていたか。そうして生まれてきた自分であることを考え、自分自身をそして親を大切にして過ごしたいものです。

 

 

2007年2月 7日 (水)

家庭愛和

 経済活動(会社へ行って働いたり事業を起こしたりすること)において成功を収めるために最も大切なことは、家庭内が愛和している事です。特に夫婦が仲良く協力すること、親を敬い大切にすることを怠っている人は、仕事において期待する成果を得ることができないといっても過言ではありません。

 子供の非行や登校拒否、その他子供のあらゆる心理的欠陥は子ども自身や子供に対する教育に原因しているのではなく、夫婦の不和にあることが、実証科学的に証明されてきています。子供のオネショさえ、親の方の生活態度を改めることによって解決したという報告もあります。

 このように家庭愛和が全ての基盤、基礎になっていることに多くの人は気づいていないのではないでしょうか。

 私も現在の事業を起こしてまもなくのときは、(事業を)何とかして軌道に乗せなければという思いが強く、夫婦関係を大切にしようなんてことは二の次にしていました。「事業(経済活動)さえうまくゆけば全てがうまくゆく」という勘違いをしていたのです。

 そして事業が順調になるに従い、自分はこんなに頑張っているんだという自分中心の考えがさらに強くなって、ますます家庭をかえりみなくなって行くのです。

 このようなシナリオは私だけでなく、実はほとんどの経営者が経験しているということが、多くの人の体験談を通してわかってきました。経営者ばかりでなくハードな仕事をして常に崖っぷちに立たされている人共通の体験だともいえます。

 さてそうして家庭をかえりみないで仕事一筋に頑張った結果はどうなるのでしょう。

 仕事ばかりしているからそれが順調になってくると思いきや、逆にしだいに暗雲が漂ってくるのです。私の場合も、職人さんがわがままばかり言うようになったり、そのほかの社員も落着かなくなったり、不安定な経営状態になりました。人によっては、詐欺にあったり大事故を起こしてしまうケースもあるそうです。

 やがて家族の気持ちに気がつく時がおとずれ、いかに家族を犠牲にしていたかを反省するにしたがって事業も立ち直ってくるという、まるで映画を見ているような筋書きでハッピーエンドになるんですが、気づかない人は家庭不和と事業不振から抜け出せないで一生を送ることになります。

 一つのことに集中しなければ仕事においては有効な成果を得ることはできませんが、それによって心のバランスまでかたよることのないように注意したいものです。

 親や先祖のことを考えない人も同様に要注意です。たとえ現存していなくても、自分に及ぼす影響はとても大きいのです。自分の親や先祖がどういう人であったのかを知ることは、自分がどういう人間であるかを知る重要な手段です。自分自身を知ってこそ、将来への対策を打てるのですから。

 夫婦、両親、先祖を研究し、もっともっと大切にしましょう。全て自分に返ってくるからです。

 

 

2007年2月 3日 (土)

楽しい方に行きなさい!!

 さあ!アファーメーション(自己宣言)して、いよいよ次の夢に向かってスタートだネ。目標のものが既に手に入ったように、すっかりその気になってしまった人もいるんではないかナ。

 “アファーメーションする”こと、そして“その気になる”ことは、「潜在意識」を活用する2大要素だから、もう大丈夫(1月30日ブログ-未来を変える-)。どんなことがあってもアファーメーションした夢を手放さないで下さい。そうすれば、たとえ今具体的な方策が見つかっていないとしても、「潜在意識」が必ずあなたを未来へと道案内してくれます。

 それは多少の障害や、いつまでも自分達と同じレベルの仲間でいてほしい友人からの“反対意見や忠告”などもあるさ。でも全ての成功者はそれらには耳を貸さず、自分を信じて行動し続けたんだ。(1月31日ブログ-勇気を出せ-)

 ところで、なぜ成功者にはそんな勇気があるかわかるかナ。それは、自分のやろうとしていることが“楽しくて楽しくてしかたがない”からなんだ。

 自分の進む方向には“2通りの道”がある。一方は「正しい道」、もう一方は「楽しい道」だ。みんな「正しい道」の方に行くのが“正しい”って思っているみたいだけど、実はそこには、行き詰まりとため息の生活が待っているだけなんだ。 

 将来成功を勝ち取る人は皆、「楽しい道」を選んでいる。そして、困難、苦難が立ちふさがっても、その先にある楽しさが自分をとりこにするから、決して夢をあきらめないのだ。 「正しい道」が「楽しい道」である人は一番いいけど、“自分の胸がときめくような「楽しい道」”の方に進んでいれば、いずれ道は開けてくる。(あまり自己主張の得意でない人は「楽しい人」についてゆくという方法もあるネ。)

 だって「正しい道」は皆が目指し過当競争になるから自分を見失ってしまうけど、「楽しい道」は“オンリーワン”の道だ。自分のペースでじっくり深めてゆけば良いのだ。

 楽しい方に行きなさい。そこで一生懸命働き、自分を磨くのです!!

2007年1月31日 (水)

勇気を出せ!!

 潜在意識が自動的に未来に連れて行ってくれるような言い方をしたけど、自分がその間何もしないでじっとしていれば良いというのではない。

 強い願望が潜在意識を刺激すると、あるとき“ひらめき”とか“直感”が生まれるんだ。

 ひらめきや直感で感じたものというのは、理屈や損得計算ではなかなか受け入れられないような場合が多いのだが、それを必ずうまく行くと信じて行動するのが自分の役割だ。経済的なリスクや世間のうわさ、あるときは親しい友人や家族の反対などに立ち向かう勇気がなければ成し遂げられない。

 ライト兄弟の飛行機の実験や、田中耕一さんの研究(1月22日ブログ参照)のように、直感だけがたよりの非現実的なものでも、勇気を持って取り組んだことにより未来が実現へと一歩動き出したんだ。でも、ひらめきが自分を求めて降りてきてくれたと思えば、他人が始めないうちにやらなければという思いにもなるよネ。

 私も、銀行を辞めるにあたっては家族の強い反対があったし、一関霊園を開発にするにあたっては、お墓やを始めてから3年半しか経っていなかったにもかかわらず、1億円以上のリスクを負わなければならなかったんだけど、それらいろんな問題に対して、勇気を出して行動したから現在があるのだと思う。お墓の研究や特許申請にも自分を信じて多くの時間と金額を投じたからより良い製品が生まれたんだ。

 強い思いが潜在意識に働き、ひらめきや直感を感じたら、いよいよ未来が動き出そうとするときだ。でも、それを実際に引き寄せるのは自分自身の役割だ。

 虎穴(こけつ)に入らずんば虎児(こじ)を得ず・・・虎の子を捕まえようと思ったら、虎のいる洞穴に入らなければならないという古事・・・。

 勇気を出して取り組もう!!

2007年1月30日 (火)

未来を変える!!

 自分(または相手)の潜在意識(無意識に望んでいるもの)を発見することによって、未来を予想することについて前回書いたけど、今回は意識的に立てた自分の目標(未来の姿)を実現させる方法について書いてみます。

 1月25日のブログに、「意識的に立てた目標を潜在意識に送り込む」と書きましたが、自分が「こうなりたい」と望んだ未来は、“あるとき”意識しなくても「脳」が勝手に実現に向けて動き出してしまうのです(1月11日ブログ-「答え」を求めないほうが成功する-)。それが潜在意識の活動ですが、これがあってはじめて、より高い目標の実現は可能となります。

  “あるとき”とは「強く」望んだときであり、望みを「あきらめない」ときです。

 人間は「強く」望みさえすれば、男が女にでも(またその逆にでも)なってしまうのです。女になりたいと強く望んだ男は、自分は女だと信じ、常に女らしい振る舞をしているうちに、ついにはチンポをちょん切ってしまい、法律まで変えてしまいました。

 まさかここまで完璧に女になれるなんて当初“意識”していなかったのでしょうが、潜在意識の活動によって、勝手にどんどん行き着くところまではこばれるのです。

 潜在意識まで届くような“「強い」目標”にするには、毎日声高らかに「こうなりたい!!」と自己宣言(アファーメーション)するのが一番です。そして自分がすでにそれを手にしているがごとく振舞うことがさらに重要なことです。

 「熱中人間」(12月25日ブログ-成功の秘訣-)になって、アファーメーションし、そしてその気になっていれば、潜在意識が勝手に動き出し、ついには自分の思うとおりに未来が変わるのです。

 未来は自分の思うとおりになるんだ!!

 

  

 

2007年1月27日 (土)

未来を実現させる!!

 前回のブログで、未来は予想することができるって書いたけど、そうすれば一歩早く手が打てるネ。

   私は去年ある人に、土地を買ってくれないかと頼まれた際、その土地はどう考えても私が買うより、その土地の隣地の法人(団体)が買ったほうが役に立つと考え、そちらに相談したほうが良いとアドバイスしたのですが、その人は何回も声をかけたが断られたというのです。

 その法人は私もよく知っていたので、その人のために私も直接交渉してみたのですが、やはり必要がないとの返事でした。

 そのまま半年くらい経った頃、ふとその土地のことが気にかかって持ち主に電話をかけてみたら、あちこちに声はかけているんだけどいまだ購入希望者がいないとのことでした。私は将来隣地の法人が必ず必要になると考え、念のため再度その法人に話した後、私が購入しておくことにしました。とりあえず私の資材置き場にしても良いと考えたからです。

 さて、私が具体的に動いて土地代金の支払いや登記が済んでから間もなくのことですが、その土地はやはり隣地の法人が「ほしい」ということになりました。私は買った値段と同額でその土地を譲ることにしたのですが、その後その土地が造成されるにあたり、全ての工事を私の会社が請け負うことになりました。

 私はその法人の未来の姿を本人より的確に予想することができていたのです。

 また、同じく去年のことです。私が所有している事務所予定地付近は、主要道路同士がT字路になっているのですが、そこの道路を車で走っていると、そのT字路が十字路になった場合、私の土地が新道路に隣接しなくなるのではという懸念がわきました。道路計画なんて10年以上も先のことで、さらに実際に道路建設になったとしてもそこから何年もかかるとは思ったのですが、気になったので私が考える道路予定線に沿って、事務所予定地の隣地をとりあえず買っておこうと考え、実行しました。

 万一自分の考えどおりにならなくても、土地は必要になるとも考えたからです。

 ところが私が新たに購入してから2ヶ月も経たないうちに、市役所から道路計画の「お知らせ」が届いたのです。そして私の新たに購入した土地の半分を新道路が走ることになり、なんと今年中に買収されることになってしまいました。私の土地は、今回の購入により、新道路にも隣接するようになったのです。

 私は私の所有している土地の未来について予想して行動した結果、その価値を高めることができました。

 自分だけでなく、家族や社員やお客様や、また世の中の未来について考えると、まだまだ変わってゆくだろうと簡単に予想できるはずです。その手助けをやってゆこうと思えば、いくらでも仕事は生まれてくるはずですネ。

 未来を私達の手で実現させましょう!!

 

 

2007年1月25日 (木)

「未来」は現在と大きく変わった状況になっている!!

 今から10年後、20年後の“未来”は、現在と大きく変わった状況になっています。

 今から20年前は携帯電話はありませんでした。壁に掛けられるような薄型テレビなんて、夢の中だけで語られる未来社会のことだと思っていました。しかし今それらすべてが現実のものとなっています。またインターネットのように、手軽に世界中の人達と交信できるような、当時まったく予想もつかなかった社会もおとずれました。

 車も10年前はとてもスポーティだと思っていたものが、今ではそれが時代遅れのデザインとなって、もっとカッコイイものが出ています。

 したがって、未来は今の単純な繰り返しや延長ではなく、もっともっと進歩した(良い)状況になっていると考えなければなりません。

 ところで、去年までは家を新しくするなんてまったく考えてもいなかった私は、今オール電化の住宅を建てているんですが、このように未来は、私自身のことでさえ、自分でとらえられないくらいのスピードで現れているような気もします。

 すなわち、、個人や集団社会において、“潜在意識”の中で「いつかはこうしたい」と思っている未来が、突然と、自分達も信じられないスピードで実現化しているのではないかと思うのです。

  未来が自分でも信じられないような速さでこちらに向かっているのは、自らの潜在意識自体が活動しているからです。

 だから、すでに潜在意識の中に存在している「自分の思い」を“発見”すれば、これからどのようなことが起こるか予想することもできます。又、意識的に立てた目標を潜在意識に送り込む方法によって、自ら意図する未来を呼び込むことも可能です。それをいち早く行い、人に先んじて未来を実現させてゆこうと動き出す人が時代をリードするようになります。

 「じっと」目を閉じて、自分や世の中のことを考えてみてください。「いったい自分はどうなりたいのか」、「自分の潜在意識は何を考えているんだろう」と自分自身に問いかけてみるのです。そこで気づく自分自身は、とても現実離れした夢や希望を持っているかもしれませんが、実はその現実離れしたものこそ自分の“未来の姿そのもの”であるのです。

  どんな未来が来るか予想してみるとワクワクするネ。そしてそこに向かって一歩踏み出すんだ!!

2007年1月23日 (火)

壊(こわ)れるから進歩する

 家電製品なんか壊(こわ)れると困るよね。最初は修理して使っているんだけど、いつかは捨てるときがくる。

 さて、替わりに新しい製品がくるんだけど、それによって今までよりずっと便利になり、生活しやすくなったり楽しくなったりすることが多いんではないかな。より文化的な暮らしになり、生活が進歩するんだ。

 したがって、壊れるということは「人生を進歩させる」という“重大な役割”を果たしているんだ。逆に、壊れなければいつまでも従来の生活から脱皮できないかもしれない。

 会社が倒産したり、リストラされたり、売り上げが減ってきたり、今までの生活が壊れそうになっている場合もまったく同じだ。それは新しいものに取替え「豊かになりなさい」というシグナルなんだ。だから、倒産したら引け目になって、前の会社より小さい会社なんかに面接に行くんではなく、もっともっと待遇の良いところを求めて前向きに行動しなければならない。

 私も葬儀事業を兼業してうまくゆかず、撤退したんだけれど(1月8日ブログ-自分がどう変わればよいのか-)、自分には別に新しい役割が必ずあるはずだと考え行動した結果、葬儀に投資した7500万円を2年で回収できたばかりでなく、それがきっかけとなり、より豊かな生活を手に入れることができたんだ。

  だから、順調で壊れない人生って進歩がないのではないのかな。また、順調だと思っていること自体に問題があると気がつかなければならない。たとえ順調でも、小泉前首相のように「自分(自民党)をぶっこわす!!」という覚悟で常にことにあたらないと、うまく行かないと思う。

 壊れるから進歩するんだ。失敗したときがチャンスなんだ。捨てなければ新しいものを手に入れることはできないんだから、捨てる勇気を持ってチャレンジしよう!!

 進歩した自分を手に入れるために!!

2007年1月22日 (月)

直感を証明(実現)してゆくのが人生だ、自分を信じて一歩踏み出そう!!

 「自分も鳥のように空を飛びたい」「必ず飛べるはずだ」、まだ飛行機なんて存在しないとき、そんな強い“思い(直感)”にとりつかれた男がいました。

 周りの人は、毎日翼のようなものをつけては、走り回るその男を見て、気違い呼ばわりしました。理屈や常識では人間が翼をつけて空を飛ぶなんてことは、ありえないことなんです。しかし彼はそんな常識や既存の知識なんて気にしませんでした。

 何回やっても失敗の連続です。もしかして飛べないのかもしれない、と自分を疑ったときもあったかも知れません。しかし空を飛びたいという思いで、必ず飛べるはずだという“直感”を手放すことはありませんでした。そして奇跡は起きたのです。

 何回も繰り返す過程で、彼は“ある簡単な仕掛け”をすることによって、翼が安定することに偶然気がつきました。その仕掛けは現在の飛行機にも使われているものなんですが、その発見によって、「空を飛ぶ」という実験は成功に向けて大きく動き出し、とうとう彼の作った飛行機は地上を離れ飛び立ったのです。それはほんのわずかな時間でしたが、しかし偉大な一歩を踏み出したライト兄弟は、人類で始めて空を飛んだ男として今も歴史にその名が刻まれています。

 ノーベル賞を受賞した田中耕一さんについては、まだ記憶に新しいと思いますが、彼の実験も現在の常識では作り出すことができないようなものだったそうです。したがって多くの人が彼にその実験を中止するようにアドバイスしました。しかし、彼は自分の直感に引かれ、実験を続けるのです。そしてちょっとしたミス(偶然)がきっかけとなり、偉大な物質は出来上がりました。

 去年プロ野球日本一になった日本ハムも、技術や体力的には、たとえば西武とかダイエーとかまだまだ上のチームがあったのですが、自分たちにもチャンスがあると直感したのではないでしょうか。また北海道のファンになんとしても優勝をプレゼントするんだという思いがその直感を持続させたのだと思います。そしてついには偉業を成し遂げたのです。

 自分の心の底にある思いや直感に耳をすましてください。そしてそれに気づいたら、手放さないで下さい。そうすれば、だれにでも奇跡は起こせるのです。人生とはそんな実験と感動の舞台なんです。

2007年1月20日 (土)

「直感」が「できる!」に変わるとき

 どう?「直感」を手がかりにしようと思うと、少し道が見えてきたでしょ?

 さて、次はその直感をどのように現実化してゆくかなんだけど、直感だけをたよりに、がむしゃらに事をおし進めたってうまくゆかないんだ。直感を現実化して、しかも成功に結びつけるにはもう一つの大切な要素をクリアしなければならない。

 「これはおもしろい」と直感して、そのことについて考えていると、それに関連のある話や情報が集まりだし、はじめ考えていたより安く仕入れられる方法とか、思ってもいなかった協力者が偶然現れるとか、そんな現象がおきてくるんだ。というより、自分の身の回りにすでに流れていたそのような情報に「気づきだす」のかも知れない。

 これは「直感」を大事にし、直感を“手放さずに”いる人に起こる現象なんだけど、このとき「直感」が「できる!」に変わるときだ。

 私が独立したいと思ったとき、たまたま仕事を探している職人さんがそばにいて、しかも後押ししてくれたり、材料を供給したいという協力者があらわれたりして、ことさら努力などしなくても実現したんだけど、「直感」にもっと興味を持ち、それを大事にさえすれば、誰もが同じような現象や“気づき”に出会い、実現を手助けしてくれる。だから知識だけを詰め込んで、知識だけで「より賢く」生きるんではなく、もっと人間らしい感情を大事にして生きる方が広がりがあるし、面白いんではないかな。

 「こうなればいいなあ」「あんなことしてみたいなあ」という感情をもっともっと大切にし、手放さないことが大事なんだ。

 そうすれば必ず道は開けるネ。

その他のカテゴリー